永久脱毛の方法は?

永久脱毛という言葉、よく聞きますよね。言葉そのままの意味で解釈すると、一度処理をすませた毛穴からはその後一生ずっと毛が生えてこない、という、ムダ毛に悩む人間にとっては、願ったり叶ったりの脱毛法ということになります。米国電気脱毛協会が永久脱毛を「脱毛終了後、1ヵ月経った時点での毛の再生率が20%以下である」と定義づけています。一生生えないというのとは程遠い定義に思われますね。レーザー脱毛や光脱毛はまだ歴史が浅く、20年ほどなので、結果として「脱毛をした後何十年も毛が生えてきませんでした」という実例がまだないのです。ですのでレーザー脱毛やサロンで施術している光脱毛では永久脱毛という言葉は使えません。ただ、ニードル脱毛(絶縁針脱毛)に関しては、その永久性はほぼ証明されているので、ニードル脱毛のことを永久脱毛といいます。ニードル脱毛はサロンでは扱っておらず、医療機関でのみ施術しています。

 

ニードル脱毛とは?

永久脱毛と呼ばれているニードル(絶縁針)脱毛の施術を行っているのは医療機関だけです。サロンでは施術できません。ニードル脱毛が医療行為とみなされるのは、毛乳頭を破壊するレベルの脱毛だからです。ニードル脱毛は、まず、毛穴の向きにそって針を毛穴に差し込みます。次に針に電気を流します。毛穴の向きがわかりやすいように、5ミリ~1センチ毛を伸ばした状態で施術します。このように毛穴ひとつひとつに対して施術していくので、どの程度の範囲を施術したいかによって料金にはかなりの違いがあります。今現在施術されている脱毛法の中では一番高額です。人によって差があるとはいうものの、ある程度の痛みは伴います。とくに皮膚の薄いVIO部分のニードル脱毛は、悶絶するぐらいの痛みを感じる人もいます。でも、ニードル脱毛は、色素沈着している部分や白髪や産毛も永久脱毛ができるという点が、レーザー脱毛や光脱毛にはないすぐれた脱毛方法といえます。

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13